ホリエモンが冷静に話す「銀行」という形について

ことの発端は、ホリエモンチャンネルに質問されたことからです。

質問者の内容

「銀行の業務っていずれBitcoinとクラウドファンディングで代替できると思うのですが、どうなっていくのでしょうか?

・銀行口座はいらず、Bitcoin(ビットコイン)で送金ができてしまいます。
・クラウドファンディングとは、不特定多数の人が例としてインターネット
経由で企業団体や個人の人々に、資金の協力などを行うことができます。

商社同様に、ブランドと人材を活かして別の事業を展開していくのでしょうか。新卒で入社する価値はありますか?」

ホリエモンの回答

「実質的にはそうですね。しかし多くの保守的な国民の世論が規制当局を動かしているので、
なかなか銀行の既得権益は揺るがないと思いますが。 しかしそれでも私は特に価値はないと思います。」

ビットコインのテクノロジーで代替えできるので
「銀行はいらない」とホリエモンは続けています。
銀行という機関を通さずに送金もできます。
そしてさらにホリエモンの言葉が続いていきます。

銀行は「いる」「いらない」

現在フィンテック市場の爆発的な成長予想率をみても
世の中のお金という概念が変わるかもしれないと言われています。

「クラウドファンディングもビットコインもフィンテック市場」
ビットコインはフィンテック市場を押し上げたといわれています。
つなげて考えるとイメージを膨らませやすいのかもしれませんね。

今、銀行もフィンテック市場に参入できるように法改正を待ち、
日銀もフィンテックセンターの設立を発表しています。
現行を通すのではなく、取り入れるということであれば
銀行業務そのものがなくなるとは言えないとも発言があります。

ホリエモン「銀行はいらない」YouTube

堀江貴文のQ&A「銀行はいらない!?」〜vol.642〜 - YouTube

出典:YouTube

みんなが使えばテクノロジー的には不要になる?

銀行VSビットコイン

銀行口座の必要性

大きなお金を持っている人は銀行口座を必要としており、
その理由は、利息ではないと言います。

しかも銀行預金は安全性高く、そうそう簡単にはなくならない。
10億円の資産を持っている人にとって、大事なのは高い利回りではなく、安全性なのだ。

預金封鎖などの不安がないという前提にはなるかもしれませんが、
現実相談をうける資産家の方々はタンス預金をしていません。
投資運用商品と、うまく使いわけているというべきでしょうか。

ビットコインの需要

国内では決済は銀行が独占しているが、海外ではすでにビットコインなどの仮想通貨が一般的に使われている。
新興国では貧困層は銀行口座を持てず、また、そもそも銀行がない地域に住んでいる人々も多い。
ビットコインなどはネット環境さえ整っていれば送金などができる上、その費用も非常に安価になっている。出稼ぎなどで海外に行き、そこから送金する手段としてビットコインはすでに必需品ともいえる存在だ。

なぜ送金をビットコインで説明するのか?新興国事情

弊社はフィリピンで操業しているローカルな零細企業だが、フィリピンそのものは送金の額が世界で三番目に大きい国だ*。その額は2013年が260億ドル、2014年の推計が275億ドルで、毎年着実に10億から20億ドルぐらいずつ増加している。

国家予算の半分にあたるといわれています。

フィリピンは国外への出稼ぎ労働者がとても多く、出稼ぎ先から本国の家族など宛てに送金される。

国民が口座を持っていない新興国の方が多く、
口座を持っていても、送金手数料がとても高い。
おおよそになりますが50万円(ドル送金)くらいで計算すると
手数料含め一度に12,000円くらいはかかるといわれています。
時間もかかりますし、手数料も高い。
ビットコインなら時間もあっという間で手数料も100円以下と
説明されていました。

数年前ですがフィリピンから日本のお嫁さんに来た女性と
よく食事をしており話を聞いていましたが、
彼女もフィリピンの家族へ送金をしていました。
彼女はまだ裕福な家系の方ですが、
送金手数料の高さについていつも話していました。
リスクはありますが、現金で通貨を自国へ持ち帰る方もいるそうです。

銀行「口座」そのものだけの問題ではない?

たとえば、アルゼンチンでは1988年に起きた年率5,000%のハイパーインフレや、2001年のデフォルト宣言後の預金封鎖、
2002年の年率25%のインフレ等を経験する中で、人々は自国の通貨を銀行に預けておくことの危険性を思い知らされました。ギリシャでも先日、預金引出額が制限されたことは記憶に新しいところでしょう。

自国の通貨を持っていても
いつか価値がゼロになるかもしれない不安は
ビットコインへの人気を強くしたと言われます。

ホリエモン「お金」について

生きていくために大事なことは、人と人との信用関係であり、お金はそのやりとりを円滑にするための道具にすぎない。人に快く助けてもらえるような信頼関係をいつだって築くことさえできれば、本当はお金なんていらない。
目に見えない仮想通貨のほうが、紙幣や硬貨のような目に見える物量に目くらましされない分、その本質をよりクリアに実感させてくれるだろう。

お金とは何か?と問われると、なんて答えるでしょう。
ひとりひとりのおかれている立場で、答えがでてくるでしょう。
しかし、おそらく改めて「お金」と向き合うことは
今まであまりなかったかもしれません。
大事ないい機会がきているかもしれませんね。

今さら聞けない仮想通貨の初歩の初歩を【無料】で学べるチャンスです!▼「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連記事はこちらからもご覧いただけます。

日本はもう仮想通貨を受け入れる準備はできている!

現金が消滅する理由part1

僕が仮想通貨をもつ理由

現金が消滅する理由part2

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン23日以降“のシナリオ|Segwit2xで分岐アルトコイン誕生か

話題が続いていますが、本日ご紹介するところまで知っておくと、これから発表があっても慌てず対処できるのではない…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11161 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽