ホリエモンが冷静に話す「銀行」という形について

ことの発端は、ホリエモンチャンネルに質問されたことからです。

質問者の内容

「銀行の業務っていずれBitcoinとクラウドファンディングで代替できると思うのですが、どうなっていくのでしょうか?

・銀行口座はいらず、Bitcoin(ビットコイン)で送金ができてしまいます。
・クラウドファンディングとは、不特定多数の人が例としてインターネット
経由で企業団体や個人の人々に、資金の協力などを行うことができます。

商社同様に、ブランドと人材を活かして別の事業を展開していくのでしょうか。新卒で入社する価値はありますか?」

ホリエモンの回答

「実質的にはそうですね。しかし多くの保守的な国民の世論が規制当局を動かしているので、
なかなか銀行の既得権益は揺るがないと思いますが。 しかしそれでも私は特に価値はないと思います。」

ビットコインのテクノロジーで代替えできるので
「銀行はいらない」とホリエモンは続けています。
銀行という機関を通さずに送金もできます。
そしてさらにホリエモンの言葉が続いていきます。

銀行は「いる」「いらない」

現在フィンテック市場の爆発的な成長予想率をみても
世の中のお金という概念が変わるかもしれないと言われています。

「クラウドファンディングもビットコインもフィンテック市場」
ビットコインはフィンテック市場を押し上げたといわれています。
つなげて考えるとイメージを膨らませやすいのかもしれませんね。

今、銀行もフィンテック市場に参入できるように法改正を待ち、
日銀もフィンテックセンターの設立を発表しています。
現行を通すのではなく、取り入れるということであれば
銀行業務そのものがなくなるとは言えないとも発言があります。

ホリエモン「銀行はいらない」YouTube

堀江貴文のQ&A「銀行はいらない!?」〜vol.642〜 - YouTube

出典:YouTube

みんなが使えばテクノロジー的には不要になる?

銀行VSビットコイン

銀行口座の必要性

大きなお金を持っている人は銀行口座を必要としており、
その理由は、利息ではないと言います。

しかも銀行預金は安全性高く、そうそう簡単にはなくならない。
10億円の資産を持っている人にとって、大事なのは高い利回りではなく、安全性なのだ。

預金封鎖などの不安がないという前提にはなるかもしれませんが、
現実相談をうける資産家の方々はタンス預金をしていません。
投資運用商品と、うまく使いわけているというべきでしょうか。

ビットコインの需要

国内では決済は銀行が独占しているが、海外ではすでにビットコインなどの仮想通貨が一般的に使われている。
新興国では貧困層は銀行口座を持てず、また、そもそも銀行がない地域に住んでいる人々も多い。
ビットコインなどはネット環境さえ整っていれば送金などができる上、その費用も非常に安価になっている。出稼ぎなどで海外に行き、そこから送金する手段としてビットコインはすでに必需品ともいえる存在だ。

なぜ送金をビットコインで説明するのか?新興国事情

関連するまとめ

みずほFG、 日本マイクロソフトなどブロックチェーン実験革命か?シンジケートローン協…

日本企業4社が協働。みずほFG、日本MS、ISID、カレンシーポートがダブルブロックチェーン適用で実証実験を…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4602 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html