信頼のビットコイン?

世界では「普通の通貨よりも信頼できる」と思われているところも。
日本ではビットコインを扱っていたマウントゴックスという取引所が不正を行ったため、悪いイメージがついてしまいましたが、ビットコインが悪いわけではありません。

ビットコインに不信感を抱く人々を増やした事件ですね

仮想通貨(暗号通貨)とは、
インターネット上で取引される通貨です。
現金を介さず利用するのが特徴的で、
ビットコインは代表的な仮想通貨です。

インターネット上で取引され、
現実世界に実態となる現物は存在しません。

価値記録とも呼ばれているようですね。

信頼できる出来事 経済破綻しかけたギリシャ

財産をギリシャ通貨で銀行に預けていたら、回収できなくなるんじゃないかと、資産家たちが次々にギリシャ通貨をビットコインに替えました

日本は、円という安定した通貨をもち、戦争もなく国も治安がいいと言われています。

めぐまれた環境にある日本で生活していると、世界の状況を想像できないかもしれませんが、経済が安定しない国では、お金がなくなることも起きてしまいます。

そんなとき、ネット上のビットコインに資産を替えておくと、全資産を失うような危険は回避できます

あなたの預金や資産、お財布に入っている100万円のお金が、明日は価値が0になると考えるとどうでしょうか。ビットコインに替えていたのは資産を守るためですね。

日本で普及しない理由その1

日本で普及しない理由その1

仮想通貨ビットコインは、
現物となる実体がありません。

インターネット上での保管は、
データが消えてしまえば、
すべて失ってしまうのではないか?
と、いう心配もあります。

ところが、ビットコインは、世界中に分散しているいくつものサーバーでデータを管理しているので、災害や戦争で万一どこかが破綻しても、ほかで必ずフォローできます

この技術がブロックチェーンです。

つまり、世界中で情報がすべてオープンな状態。誰がどのくらいビットコインを所有して、どんなふうに動かしたかが調べればすぐにわかります
日本では仮想通貨ビットコイン反対派が多いようですが、好意的な人々もいます。わかれ道は?

日本では仮想通貨ビットコイン反対派が多いようですが、好意的な人々もいます。わかれ道は?

世界で見ると仮想通貨の価値には違いがあります。
仮想通貨普及率が70%近い国もあるそうです。

通貨として認めている国、認めていない国と様々です。

日本では、通貨として認められてはいませんが、
規制を作ろうとしており、
法案を待たれる時でもあります。

国によって異なる扱い

ドイツとシンガポールは容認、金融取引の一つとして課税対象にする案が出ています
中国、インド、タイでは禁止。アメリカとフランスは国家の信頼を揺るがすものとして警告を発してます

ビットコインは、なぜイイの?

ビットコインのいいところはなんといっても直接決済ですね。銀行を介するような、高い手数料を取られることがありません
為替のように乱高下をするリスクはありますが、数千円が何千万円もの価値に変わることも

投資や投機で考えると、ユーザーにとって相場変動は必要です。

国の枠を超えて取引されて、国の経済状態に左右されないところが魅力的です

大げさに言えば、国が滅びようとしても、国の価値に左右されないということですね。世界の中で扱う価値になるのでしょう。

すでにお金もIT化が始まっている?

すでにお金もIT化が始まっている?

金融関係も含めて、
大きな波にのることが必要なのでしょう。

言われているのは、インターネット時代は
衰退しないということ。
インターネットを含めたIT事業は
これからも増えていくと考えられています。
金融関係も、通信というカテゴリーを
取り入れていくように取り組みはじめました。

これから数年の間で、既に金融インフラがひと通り揃っている日本や欧米では、各種手数料が下がり、時間の制約が無くなってさらに便利になっていくでしょう。企業の資金調達の方法も変わってくるかも知れません。
海外では、ビットコインの普及により金融インフラが一気に成長するような国・地域も増えると思います。
しかし、ビットコインは次世代の金融インフラを担う可能性が期待されていますが、優れた技術でも事業者や利用者が正しく利用、啓蒙していかなければ正しく普及しません。
日本で普及しない理由その2

日本で普及しない理由その2

保証がないから不安。日本人は投資に消極的であるといいます。

例えば、有名な人が
「これはもうかるよ」「これは必ず3%の年利がつくのを保証するよ」と言えば、いっせいに人が集まると言われています。

財務の仕事で一番の難関は、保守派という言葉です。
そして、ホリエモンが言っているのは、情弱であると。

日本人の良さでもありますが、保守は変革を苦手とすることが多いようです。
また情報が溢れすぎているからこそ、正しい情報を入手したり判断することが、難しいとも考えられるようです。

明治維新、終戦といった大変化が起こった割には日本人の気質は変わらず「律儀にルールを守る」だと思うのです。この気質は美点も多いのですが課題先進国のこれからの日本では「変化を嫌う」では乗り切れなくなってきています
日本で普及しない理由その3

日本で普及しない理由その3

投資や投機を除けば、
普段の通貨(円)として
生活に使用することが目的となります。

ですが、日本では
仮想通貨ビットコインの普及がすすまず、
日常的に利用できる範囲が狭いのも事実です。

ビットコインは嫌いと言うより、通貨とは思っていないと言うのが
正直な気持ちです。
日本円や米ドルは、国の信用で通貨として流通しています。
ビットコインは信用の基になるものが何もありません。
投資の世界で生きているとビットコインに、全く興味が無いのが
普通の感覚だと思います。

関連するまとめ

イスラム圏で仮想通貨使用は広がるか|ビットコインは「イスラム貨幣」に適合

イスラム圏での仮想通貨使用について、関心が集まっています。というのも、先日、イスラム法の権威から仮想通貨容認…

鈴木まゆ子 / 2683 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。