めまぐるしく発表される提携情報。先日は、マネーパートナーズとアメリカの大手ビットコイン取引所Kraken(クラーケン)が提携協議を開始し、マネーパートナーズグループでビットコインを購入できるかもしれないと今後の期待していたばかりです。

今度はマネーフォワードとbitFlyer(ビットフライヤー)が業務提携をしました。bitFlyer(ビットフライヤー)は、仮想通貨ビットコインの販売所/取引所です。日本語対応で2014年1月9日設立、資本金8億3979万円(資本準備金含)の会社。提携により何がおきるのでしょうか。

マネーフォワードは2月3日、仮想通貨「ビットコイン」の総合プラットフォームを運営するbitFlyerと業務提携したと発表した。

【株式会社マネーフォワード】=お金のプラットフォームを提供する企業
【株式会社bitFlyer】=日本最大のビットコイン・ブロックチェーン企業

両社の提携報道は仮想通貨ビットコインについて
大きな影響をもたらすでしょう。
日本での不安要素を取り除く材料になりうるかもしれませんね。

既存のビットコイン取引ユーザーも 新規ビットコイン取引希望者も使えるとのことですよ。

アプリの更なる利便性目標

自動家計簿/資産管理サービス「マネーフォワード」と、ビットコイン総合プラットフォーム「bitFlyer」間を、ユーザーが相互に利用できる環境の創出を目指すとしている。
マネーフォワードが運営するウェブメディア「マネトク」とbitFlyerが運営するウェブメディア「BTC News」において、情報の提供も検討しているとのことだ。

マネーフォワードが公式ページで未来を語ります

2009年に世界で初めてのビットコインでの決済が行われ、個人のみならず、法人においても、国内外において大手ECサイトや大手予約サイトなどにて、支払い手段のひとつとして拡大しており、今後の更なる普及が期待されています。
当社は、今後のビットコインの取引額、ユーザー数、時価総額などの拡大を見込み、日本初のビットコイン販売所で、安全で便利なビットコイン取引環境の構築を追及している日本最大のビットコイン・ブロックチェーン企業であるbitFlyerと業務提携をいたしました。

提携キャンペーン|登録でもらえる仮想通貨ビットコイン

マネーフォワードからbitFlyerに対象期間中、新規登録した全ユーザーに100円相当のビットコインをプレゼントいたします。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本語対応の販売所/取引所です。特徴としては、セキュリティ面を強調しており、入出金は人が確認しているとのことです。

購入をしないのであれば、アカウントは、メールアドレスだけで開設でき簡単なのが魅力です。
ビットコイン購入前に調査するのであれば、無料アカウントをだけを作ってみてもいいでしょうね。

もし取引やキャンペーンを使う予定のある方は、マネーフォワードから登録しておいてもいいかもしれません。アカウントクラスをあげることは、メールアドレスだけで登録作成後でも可能なようですよ。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインで「定期預金」半年1.25%金利|インドのCoinbankウォレ…

仮想通貨ビットコインの定期預金(固定預金)がスタートしたウォレットが登場しました。昨年日本でも期間限定で行っ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4469 view

ブロックチェーンMUSE「ミューズ」でオープンレジャー新始動! 音楽業界マネタイズ革…

デジタル化で音楽産業の低迷が続いていました。革命到来期待、新たなブロックチェーンベースプラットフォームMUS…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 604 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽