先日発表された、三菱東京UFJ銀行「MUFGコイン」実験開始報道でも目にする“フィンテック”(FinTech)について、調べてみました。
フィンテックFinTechは、A=Aというひとつの答えになりません。大きな枠組みの中にある為、結局何だかわからないままになりがちです。

金融業界に大きな影響をもたらすと言われるフィンテックFinTec。三菱UFJ銀行がブロックチェーン技術を運用するのみならず、オリジナルコイン「MUFGコイン」として一般向けに出す予定も、納得ができるかもしれません。

フィンテック(FinTech)って、そもそもなんだろう

フィンテックとは「金融=ファイナンス」と「技術=テクノロジー」を組み合わせた造語で、両者が融合した技術革新のことを指す。

「Finance(金融)」+「Technology(技術)」=造語「FinTech」

最近よく耳にする”フィンテック” 「聞いた事があるが、それが何かイマイチわからない」という感じであるが、簡単に言うと、スマホやWebのテクノロジーを金融関連の仕組みに活用して新たなサービスを作り出す動き。海外では主に非金融機関のスタートアップがサービスを展開し、それに対して銀行やクレジットカード会社といった金融機関が投資を行っているケースが多い。

補足すると、フィンテック「FinTech」とは、
金融とITを融合した新たなサービスを生み出そうとするもの。
インターネットの発達でかわる技術がうまれています。
近年は特にITを活用した、金融分野のベンチャービジネスを指すようにもなりました。

これまでは、“独占的”に行ってきた銀行関係のサービスにも
IT技術で、金融関係以外の異業種が参入しています。

「フィンテック」が可能となったのは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や、大量の情報を集積できるクラウドコンピューティング、さらに電子決済などを簡単に手元でできるスマホ等の携帯端末が登場したことによる。「フィンテック」は法人のみならず、一般の消費者が便利に使える新しい金融技術革新といえる。

フィンテック(FinTech)で何ができるの?

現時点において、フィンテックによるサービスは「決済」が約半分と言ってよい。特に、「個人向けの新決済サービス」がメインフィールドとなっている。それも店舗を持たない、既存の金融機関の手が届かない便利なサービスを手掛けている。

サービスの半分は決済だと聞けば、
フィンテック(FinTech)って、それだけ? と思いそうですが、
IT技術により既に活用されていることが身近にあります。

一例は
サービス決済(スマホ利用・ネット利用・ネット金融取引)
資産管理(ネット上やアプリ利用の家計簿など)
資産運用(投資・人口知能をつかったアドバイスなど)
融資(ネットを通じた情報でお金を貸す相手を調べて判断するなど)
クラウドファンディングサービスもそのひとつ
があげられます。

関連するまとめ

今後先々も拡大すると予測される仮想通貨|知らない人は、今どうすべきか“初心者むけ”

ITの進化は3倍の速さで進んでいるとも言われています。マネーの世界も仮想通貨で進んでいます。確実に広がるとい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7929 view

「デジタル・ジレンマ」がもたらす国際税務の闇|「経済発展してほしい、でも税金もほしい…

「デジタルジレンマ」という言葉をご存知でしょうか。これは「アナログ媒体にかかるコストを削減するためにデジタル…

すずきまゆこ / 1711 view

スマホひとつでカンタン少額投げ銭OK!|セレス、11月からビットコイン送金サービスを…

投げ銭というと、路上でアーティストが帽子をひっくり返して演奏して投げ銭してもらうとか、リアルコインを神社やお…

すずきまゆこ / 2261 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽