先日発表された、三菱東京UFJ銀行「MUFGコイン」実験開始報道でも目にする“フィンテック”(FinTech)について、調べてみました。
フィンテックFinTechは、A=Aというひとつの答えになりません。大きな枠組みの中にある為、結局何だかわからないままになりがちです。

金融業界に大きな影響をもたらすと言われるフィンテックFinTec。三菱UFJ銀行がブロックチェーン技術を運用するのみならず、オリジナルコイン「MUFGコイン」として一般向けに出す予定も、納得ができるかもしれません。

フィンテック(FinTech)って、そもそもなんだろう

フィンテックとは「金融=ファイナンス」と「技術=テクノロジー」を組み合わせた造語で、両者が融合した技術革新のことを指す。

「Finance(金融)」+「Technology(技術)」=造語「FinTech」

最近よく耳にする”フィンテック” 「聞いた事があるが、それが何かイマイチわからない」という感じであるが、簡単に言うと、スマホやWebのテクノロジーを金融関連の仕組みに活用して新たなサービスを作り出す動き。海外では主に非金融機関のスタートアップがサービスを展開し、それに対して銀行やクレジットカード会社といった金融機関が投資を行っているケースが多い。

補足すると、フィンテック「FinTech」とは、
金融とITを融合した新たなサービスを生み出そうとするもの。
インターネットの発達でかわる技術がうまれています。
近年は特にITを活用した、金融分野のベンチャービジネスを指すようにもなりました。

これまでは、“独占的”に行ってきた銀行関係のサービスにも
IT技術で、金融関係以外の異業種が参入しています。

「フィンテック」が可能となったのは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や、大量の情報を集積できるクラウドコンピューティング、さらに電子決済などを簡単に手元でできるスマホ等の携帯端末が登場したことによる。「フィンテック」は法人のみならず、一般の消費者が便利に使える新しい金融技術革新といえる。

フィンテック(FinTech)で何ができるの?

現時点において、フィンテックによるサービスは「決済」が約半分と言ってよい。特に、「個人向けの新決済サービス」がメインフィールドとなっている。それも店舗を持たない、既存の金融機関の手が届かない便利なサービスを手掛けている。

サービスの半分は決済だと聞けば、
フィンテック(FinTech)って、それだけ? と思いそうですが、
IT技術により既に活用されていることが身近にあります。

一例は
サービス決済(スマホ利用・ネット利用・ネット金融取引)
資産管理(ネット上やアプリ利用の家計簿など)
資産運用(投資・人口知能をつかったアドバイスなど)
融資(ネットを通じた情報でお金を貸す相手を調べて判断するなど)
クラウドファンディングサービスもそのひとつ
があげられます。

このような動きは、米国の決済インフラが、日本と違って「振り込みが即時・廉価・安全ではなく、クレジットカードの保有(浸透)度合いが低い」からではないか、つまり、その国の“金融”事情があるのではないかと考えている

先ほどあげた例でいえば
決済(スマホ利用・ネット利用・ネット金融取引)は
海外では大きなサービスとなります。

日本では、ほとんどの人が銀行口座を持っています。
クレジットカードについても同様に所持率が高い国です。

しかし、諸外国に行くと、
銀行口座やクレジットカードを持ってない人が多い為、
モバイル決済が発展するはずなのです。

金融関係のこれからとフィンテック(FinTech)の影響

活発な海外のフィンテックFinTechサービスは
日々何かのニュースが流れてきます。

日本でも既に10年ほど前から、
フィンテックFinTechは動いていたと聞きます。

進捗が届かない日本に
金融業界の”変革”が見えるのでしょうか。

金融とITの融合によって新たなサービスを生み出そうとする「FinTech(フィンテック)」の潮流の中で、特に注目を浴びているキーワードが「ブロックチェーン」だ。

私達の身近にあるフィンテックサービスの中で
ビットコイン(仮想通貨)もそのひとつです。

ビットコインといえば、ブロックチェーン。
金融関係を含め様々な分野に注目されています。

ホットな分野は何でもそうだが、ブロックチェーンとは何かを考えたとき、人によってさまざまな解釈が考えられる。最大公約数的に表現するならば「暗号化と分散ネットワーク技術を活用し、書き換えや改ざんが不可能な形で何らかの記録(例えば元帳/台帳など)を共有する仕組み」と表現できるだろう。
銀行、消滅の危機?牙城を破壊し金融の根底を覆す「フィンテック革命」が爆発的普及

関連するまとめ

みずほFG, pepper新行員と新世界! FinTech(フィンテック)サイト開設…

みずほフィナンシャルグループが発表!また一歩リードでしょうか? フィンテック(FinTech)サイト開設+ロ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1320 view

仮想通貨ビットコイン安定“2013年と2017年の値動きが別格”|長期的な成長と逆転…

仮想通貨ビットコインが暴落後、大きく停滞することなく少し戻し、また安定の推移を保っています。2013年からの…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7773 view

2017年は仮想通貨を保有(投資)すべきなのか|3か国「米国・インド・日本」の事情

最近、仮想通貨の価格も上昇しており、ビットコインも15万円台を何度か突破していましたね。各情報では、2017…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10869 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽