「MUFGコイン」R3参加の三菱東京UFJ銀行が走る! 独自仮想通貨の開発内容

三菱UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発中だと朝日新聞が伝えた。当面は行内通貨として利用客らに発行できるように開発しているようだ。ブロックチェーンテクノロジーを利用した独自コインの開発は三菱UFJ銀行が日本初となる。通貨の名前はMUFGコインとするようだ。先日、中国中央銀行も独自の暗号通貨を開発するという発表があったばかりだ。

独自コイン=オリジナル仮想通貨については、先日中国中央銀行も開発すると公表しましたね。ご紹介いたしましたが、チャイナコイン(中国の自国仮想通貨)は、今でも話題が続いています。

また、R3に参加しているバンク・オブ・アメリカも、ブロックチェーンに関する特許を申請している発表をしました。

MUFGは昨年10月、世界のトップティア―バンクが集う「R3コンソーシアム」に参加。また12月には、Linux FoundationとIBMが音頭を取る「オープンレジャー・プロジェクト」への参加表明も行った。

補足ですが、MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)が参加している、R3コンソーシアムとは?
グローバルな金融次世代を発展させることを目指す、ニューヨークに籍を置いたブロックチェーン企業です。

昨年12行が加わり金融機関の数は42社が、R3CEVプロジェクトに参加しています。
日本では、野村グループと三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループも参加しています。

MUFGコインの基盤に利用されているブロックチェーン派生技術は明らかにされていないが、採用が検討されるブロックチェーン基盤プラットフォームとしては「ビットコイン」、「オープンアセット」、「イーサリアム」のいずれかだと予想可能だ。

ビットコインのブロックチェーンは、複数の人が承認してセキュリティーを高めるオープン性があります。だれが何時いくら使ったかが記録されているものです。
イーサリアム/Ethereumのブロックチェーンは、あらゆる契約の取引の集合が連鎖記録されており匿名性があります。
オープンアセット・プロトコルは、スマートコントラクト(自力執行権のある契約)のひとつです。
情報をコインに載せて取引することが可能になります。
例えば、いつ・○○円の利息を口座から落とす。といった情報を、契約に組み込めることができてしまいます。

独自仮想通貨「MUFGコイン」のメリット|何が変わるの?

関連するまとめ

フィンテック“未開拓分野”銀行|仮想通貨技術でGoogle元エンジニアたちが挑戦

数十年の歴史は次の時代境目にきているかもしれません。仮想通貨の技術の重要性に気付いた時、年表には新しい歴史が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3977 view

三菱東京UFJ銀行「MUFGコイン」独自仮想通貨が何を生む? お財布はどっち?

独自オリジナル仮想通貨「mufgコイン」を計画している三菱東京UFJ銀行。将来は何がかわるのでしょうか? 仮…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4594 view

SBIコンソーシアム「三菱東京UFJ」参加56行|仮想通貨(Ripple)XRPも高…

SBI Ripple Asia(SBIリップルアジア)がまとめる、「内外為替一元化コンソーシアム」に、空席だ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11428 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽