海外では日本よりも前にFinTech(フィンテック)が人気です。
成長速度と取り入れるスピードは日本が遅れをとりました。
海外と大きく異なる要因のひとつ、
それは日本が「現金・預金」の国であることです。

日本と海外の資産構成もあわせてご覧くださいね。

FinTechサービスでお金をデザインする

海外で人気を博している投資分野のFinTechサービス。“現金・預金の国、日本”で、この分野の成長は見込めるのだろうか。
送金、決済、融資など、さまざまな分野のサービスが登場しているFinTechだが、米国では今、投資サービスも注目を集めているという。

例えばですが

・ポートフォリオアドバイスサービス
ロボアドバイザーの技術でポートフォリオ作成や投資運用の提案を行うこと。
金融の世界では、ポートフォリオは、
資産構成(金融資産一覧)
有価証券一覧表など財産目録のような意味です。

・融資型プラットフォーム
P2Pを応用した融資型プラットフォーム
インターネットの利用にて、
不特定多数の個人間で仲介を通さずに、
互いに情報のやり取りを行なうこと。

投資ポートフォリオアドバイスのサービスでは、米Bettermentや米Wealthfrontなどが代表的なところである。

遠い国の話だけではなく、日本にも既にあるサービスとして▽▽▽

日本でも「お金のデザイン」や「ウェルスナビ」といったサービスが登場している。

負の言葉をならべると
マイナス金利・マイナンバー制度・相続税増税、
預金封鎖不安・日本崩壊不安ほか
少し暗い用語を見てしまうと、自分で何かを知る必要を感じますね。

日本のフィンテック投資サービス例

お金のデザイン

これからの100年は、今までの100年の延長ではありません。
私たちは、「お金」を通じて、一人ひとりが自分らしく生きることを応援したい。
金融工学とテクノロジーを駆使することで、お金を、将来の不安要素から新たな世界につながる可能性へと変えてゆく。

お金の預け方で人生が自由になると伝えていますね。
ここでは、9つの質問に答えるだけで、個人にあった
世界中の約6000銘柄から最適なポートフォリオを提案されるそうです。
もちろんですが、申し込みも口座開設もパソコンやスマホからですね。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインが“お金”として認識?|いよいよ米国上位院議員が草案を

いよいよ「お金とは?」の議論が不要になるかもしれないニュースがでました。「ビットコインをお金と認識する」草案…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2240 view

仮想通貨Bitcoinは通貨扱い|イタリア政府はデジタル通貨に課税する意向発表

イタリアの国税庁にあたる主要税務当局(Agenzia delle Entrate)が、9月2日にあるタイトル…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2453 view

2020年までに今の仕事の50%が消滅する|AIとブロックチェーンが変えていく未来と…

近年、時折「○○年後までにこの仕事がなくなる!」といった記事を目にします。これまで人が行ってきた仕事をロボッ…

すずきまゆこ / 1431 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽