ブロックチェーン技術とは何なのか? 金融業界全体の大きな挑戦が始まる
野口悠紀雄氏「ビットコインは銀行の仕事を奪う」 仮想通貨が金融業界にもたらす衝撃とは?
銀行革命記事が増大中ですね。ビットコインのブロックチェーン技術を取り入れなければ、なぜ金融関係の仕事を奪われてしまうのでしょうか?

銀行革命記事が増大中ですね。ビットコインのブロックチェーン技術を取り入れなければ、なぜ金融関係の仕事を奪われてしまうのでしょうか?

一言で言えば、第三者の介入なく取引ができてしまうということです。
直接一対一で取引ができ、第三者が発生させていた手数料などの費用も必要がなくなります。

第三機関の存在が不要になるということです。

銀行といえば、mufgコイン実験開始した三菱東京UFJ銀行も動きましたね。
金融関係は急いでいるようですが、なぜ? 簡単な入門編として、まとめました。

金融でも銀行業務の、たった一例

送金というのは銀行の業務のかなり重要な意味を占めています。これは国内の送金と海外への送金があるんですが、国内の送金でもかなりのコストがかかりますよね。それが事実上ゼロになってしまうということです。
もっと大きいのは国際間の送金ですね。これがビットコインにとって代わられると、非常に革命的な変化が起きます。まず送金の業務を銀行から奪うというのが大変1番大きな点ですね。

銀行の収入源には手数料が存在します。

海外送金でいえば、これらの費用が発生します。
・送金手数料・為替マージン・受取先の手数料

【日米間の送金で概算した実際にかかる送金手数料】
(通貨は変動するのでザックリ)50万円をドルに替えて日本の銀行から米国に送金すると、送金手数料6,000円位。為替マージンと受取手数料がかかり、合計12,000円位引かれるのが一般的です。

これを、仮想通貨ビットコインなどで送金すると、金額ではなくデータ転送量によって変化しますが、聞くところによるとほとんど50円以下だともいいます。
しかもタイムロス時間もほぼなく、曜日や夜中などの時間も気にしなくていいというメリットつきです。

ブロックチェーン誕生以前は、全てのトランザクション(取引)はVISAやPayPalや銀行などの第三者機関を通して行わなければなりませんでした。
例えば、日本株を買いたかったら現在は証券会社を通して証券取引所で株を買い、株の保管・管理は証券保管振替機構(通称ほふり)を通して行われます。
また、インターネットのドメインを買いたいなら、現在はICANNという第三者機関を通して行われます。

例えば、他の業務でもいいですね。
部屋の賃貸、不動産売買、どれも仲介業者が入り手数料を支払いますね。
全て何かの第三者を交えて物事の契約を完了させています。

ブロックチェーンは、これらの第三者機関に頼っている業界の、仲介役を取り除くことができてまう

私が確かに関口さんに払った。関口さんが持っている1ビットコインというのは私がかつて持っていた正当なコインであるということは、関口さんがポケットに何か持っていることによって証明されているのではなくて、石に書いてあることによって証明されているのです。この石がブロックチェーンなんです。
いわゆる故事来歴を書いた、閻魔帳みたいなのをみんなで確認し合うという、こういう作業ですよね。

ビットコインとは、記録そのもののことと言います。
ブロックチェーンをビットコインの取引として例をあげますと、

私がポケットに入っている1,000円をSさんに支払ました。
ポケットに入っていたとは、当事者しか証言できない取引証明です。
ブロックチェーンには、この記録が証明されているということです。
そして、このブロックチェーンの利用者のネットワークにも、記録されていくので、もし他の人が見てもわかるということです。よって、第三者が必要ないということになります。
(個人情報保護に関しては、別のブロックチェーンシステム方法)

必要な3つの挑戦|金融融業界を挙げての取り組み

・新しい金融商品・サービスは、既存の規制解釈からは不透明感が高く、(不本意な意味で)グレーゾーンにある
・ブロック・チェーン・プロトコールのような分散型システムは、金融サービスにおけるほぼ全ての過程を中抜きにする可能性を持つ脅威だ
・時代遅れのデジタル認証プロトコールは、サービス提供と消費者の両者にとってリスクであり、また、非効率である
ある程度避けられないトレンドと理解し、伝統的金融インフラとの接続をなるべく早く確保、追加的に提供できる決済手段以外の金融サービスを前面に出し、ビジネスの歩留まりを高めるしかない。
ものすごく簡単に言いすぎると…

ものすごく簡単に言いすぎると…

金融関係についての取り組みは、まだまだ、
細かく専門的な説明が多いところです。

シリーズで何度かにわけて順番に知る機会がなければ、
わかりにくい内容になります。

金融関係においては、皆が仮想通貨ビットコインを使用すると、銀行を仲介せずに送金・決済ができてしまいます。資金の調達ですら金融関係を通さなくてできてしまいます。

信頼という意味で金融関係が必要であるからこそ、
ブロックチェーンは、銀行の味方にも敵にもなりうるということですね。
ブロックチェーンを使ってシステムを見直せば、銀行がかかえていた大きな維持費用が大幅に削減されます。

銀行関係だけではなく、関連企業も参入してきています。ライフカードの提携、マネーパートナーズの提携、NTTデータの参加もそのひとつです。

大きな挑戦をする時期に突入したということですね。

関連するまとめ

世界最大の仮想通貨会議が開催されます! ここでまた新しい発表があるかも!?

5月11日から17日まで行われる仮想通貨会議「ブロックチェーン・ウィーク」(*^^*) 主催はアメリカ最大…

仮想通貨ヲタク清水聖子 / 2390 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html