待っていたサービスがはじまりましたね。
ビットコインを取り扱うZaifが
日本初のビットコイン積み立てサービス
「Zaifコイン積立」をスタートさせました。
期間限定枠がありますが、bitFlyerも、
ビットコイン定期年率16.0%をはじめています。
ビットコインを取り扱う取引所が争奪戦のような
オリジナルのサービスを開始しています。
他の取引所もこれから何かはじめるかもしれませんね。
サービスオープンになってから用意すると
間に合わなかった期間限定なんかもあります。

・各取引所の最近行っているサービス
・  〃 へのインタビュー
・  〃 が言う先の展望、
・サイト運営者の感想

など予想材料をまとめました。
自分にむいている取引所はどこでしょうか?
たっぷりの情報で長くなりますが、比較してみてください。前編:主要取引所三か所ご案内です。

順位不同ですが新しいサービスのZaifから、
サイト運営者がインタビューをとった順でご紹介します。
※各取引所の本社場所、資本金などは関連記事よりご覧いただけます。

【 Zaif 】

今回の新しい新サービス

テックビューロは5月17日、銀行口座からの自動引き落としによるビットコイン積み立てサービス「Zaifコイン積立」を提供開始した。
Zaifコイン積立は、日本で初めてのビットコイン積み立てサービス。指定銀行口座からの自動引き落としにより、設定金額分のビットコインの積み立てが可能。
同サービスは、一定金額を買い続ける「ドル・コスト平均法」による投資の一種。相場の変動に関係なく一定額で買付けするため、価格が上がった時は高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がった時は多くの量を買うことになる。このため、ローリスクながら、長期的・継続的に積み立て保有することで、じっくりと利益を確定するタイミングを待つことができるという。
積み立て金額は、毎月最低1000円以上。1000円単位で、最大100万円まで設定できる。手数料は、設定金額に手数料を加えた金額が自動的に引き落とされる。1000~2000円では一律100円。3000~9000円では3.5%、1万~2万9000円は2.5%、3万~4万9000円は2.0%、5万円以上は1.5%となる。

仮に毎月1万円の積み立て(均等として)月250円手数料=1年間で3,000円
の手数料はかかります。
比較的日本人になじみのある積み立て定期サービスにほぼ類似していますが、
今も引き出し手数料が高いといわれている時代なので、
毎月かかる手数料をどう見るのかは個人の視点になるかもしれません。
預入の受取利息がつく様子ではありませんので、
毎月かかる支払手数料(引き落とし)を考えて
積立金も検討するといいですね。
まとまった資金で購入するのは、まだ考えてしまうけどという方向きかもしれません。

Zaifの概要

Zaifで一番インパクトのある特徴は、マイナス手数料でしょう。要はトレードすればするほど、Zaifからボーナスがもらえるわけで、手数料ゼロの取引所は他にもありますが、マイナス手数料を導入しているのはZaifだけです。
また、Zaifの運営会社であるテックビューロのブロックチェーンプロダクト「Mijin」のメディアでの露出などもあり、ユーザーも着実に増えてきているとのことです。特にZaifのユーザーは、利益追求する人、トレード自体に楽しさを求めている人、初心者の層がちょうどいいバランスで混ざっているのが特徴で、それが最近の取引量の増加や板の厚みなどにつながっているのではないか、とのことです。

イベントを行ったり、ユニークなサービスを行う取引所の印象です。
現在は、ログインボーナスがあります。
ただし、ビットコイン3BTC保有などの条件もあります。
またサービスやイベントでは、トレードでの売買が基本だったりするようです。

朝山さん(代表) にインタビュー「今後の方向性」

今後もユニークなキャンペーンやエンターテイメント性、トレードする楽しさのようなものを追求していきたいとのことです。
また、Zaif単体での収益性は特に考えてないようで、Zaifは今後もあくまでテックビューロのプラットフォームの為替エンジンとして機能し、Mijinなどのエンタープライズソリューションとのシームレスな連携の部分などが今後は肝になるとのことでした。取引所単体での収益度外視ということで、マイナス手数料ももうしばらくは続けていくようです。
さらに、coincheckやbitFlyer同様、今後はビットコイン以外のアルトコインの扱いも増やしていきたいということで、すでに対応しているモナーコイン以外にもXEM(NEMの通貨)、Etherなどを扱い始める可能性が高そうです。

また、海外からのMijinへの問い合わせも多いため
国際送金の部分など含めて、本年度より海外にも
サービスを進出させることも計画があるとのことです。
今後はレバレッジ取引の強化と、ペイメントの分野でも準備をしているそうです。

記事を書いているサイト運営者の感想「期待と懸念」

次に何を仕掛けてくるかわからない国内の取引所でも意外性の強さがZaifの持ち味だと思います。今後もこのような意外性やエンターテイメント性を大切にしていきたいとのことで、トレードするのはもちろん他のユーザーとわいわい楽しみたい、ユニークなキャンペーンに参加したいというお楽しみ要素を期待するユーザーにはZaifは向いているかもしれません。
懸念としては、取引所単体での機能は他の取引所より現時点ではあっさりしていること、モバイル化が遅れていることなどでしょう。特にアプリはその他の取引所も大体揃えてきており、Zaifが遅れている領域と言えます。

取引所の中でいえば
初心者の層でもちょっと楽しみたい人などのバランスがあり
利益追求する人でトレードにも楽しさを求めている人にいいのではないかということです

【 bitbank 】(ビットバンクトレード)

話題になった日本初特徴多数~日本初のビットコインFX

ビットバンクがOKCoinと提携、ビットコインのレバレッジ取引が可能な「ビットバンクトレード」を開始

関連するまとめ

コインチェック、マネックスグループの完全子会社へ|既存経営陣は退陣し、新経営陣には松…

先日もお伝えしましたが、コインチェックがマネックスグループの完全子会社になることが決まりました。創業者を含む…

鈴木まゆ子 / 3966 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。