2013年3月16日、9.9%の「銀行預金課税」
キプロスで起きた預金封鎖を覚えていますでしょうか。
日本では、あまり報道されなかった事実。

なぜ、報道が自重モードで控えられていたか?

戦後の日本でも預金封鎖が実行された事実が
関係しているようです。
今だからこそ見える状況として
新たな目で知る必要をまとめました。

なぜ、報道が少なかったのか

日本のマスコミが(軽率な報道は、しないほうがいいかも…)と暗黙の自粛モードに入ったのには、それなりの理由があります。
なぜなら日本は第二次世界大戦後、世界で預金封鎖を実行し、成功した、唯一の国だからです。

過去実行した国は他にもありますが、「成功」というキーワードに
ざわつくものを感じるでしょう。

預金封鎖の実体験がある唯一の国民である日本人は、その忌まわしい思い出を封印し、呼び起こさないようにしているのです。

2013年3月16日:地中海に浮かぶ島キプロスで行われた「預金封鎖」

【キプロス共和国はユーロ圏の島国】
キプロス銀行の融資や債券投資に損失が発生し、
経営が立ち行かなくなった金融危機(キプロス危機)が起こりました。

キプロス政府はユーロ圏と国際通貨基金(IMF)から100億ユーロ(約1兆2500億円)の金融支援を受けることで合意した。
金融支援の一環として、キプロス国内の銀行の預金者から税金を徴収する

2013年3月16日に合意した内容は、100億ユーロの支援を行う代わりに、
全ての銀行預金に課税を行うということに合意しました。

税率は10万ユーロを超える預金口座については9.9%、それ以下の口座については6.75%とされており、徴収税額は58億ユーロに上ると見込まれている。
同財務相はキプロス議会が週末に預金者への課税措置を可決するとの見通しを示した。税金は祝日明けの19日に銀行が営業を開始する前に口座から徴収されるという。
このニュースが正式に発表される前に、預金封鎖はすでに始まっていました
オンライン取引やATMが一切ストップしていたのです。
この方針が発表された時には、すべての人が預金を移動、下ろすことができない状態となっていました。お金を下ろせない期間を利用して、税を課すと言う強制とも言える手段を取ったことになります
10万ユーロは約日本円にして1,100万円前後となりますから、2,000万円預金があったと計算した場合、週明けには200万円の預金が、3,000万円あった場合には300万円の貯金が消える計算となります。

豊かな島国キプロスがなぜ、崩壊したのか

関連するまとめ

ウクライナ通貨価値70%喪失|リスク回避先“仮想通貨ビットコイン”ますます人気高まる

価値ある通貨が眠る時、かならず仮想通貨が登場します。またひとつの国が過去2年間でおよそ70%の価値を失ってい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2901 view

年金運用をビットコインで! アメリカ・カナダは始まっている仮想通貨は資産

とうとう年金までビットコインで運用するようになったようですよ!と、いっても日本ではありませんが、ビットコイン…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1997 view

【仮想通貨まとめ主催】第2回ビットコイン飲み会 参加ありがとうございました!

今月のビットコイン飲み会は、7月27日(水)に開催されました! まだまだ、知らない仮想通貨がたくさんあります…

都丸美由紀 / 4759 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽