次はどこが続くのか? ビットコインを活用

一般の海外送金手数料を比較

実際に海外への送金手数料はどのぐらいかかるのだろうか。

送金手数料
為替マージン
受取先の手数料

比較しやすい日米間の送金で概算。(通貨は変動するのでザックリ)50万円をドルに替えて日本の銀行から米国に送金すると、送金手数料6,000円位。為替マージンと受取手数料がかかり、合計12,000円位引かれるのが一般的なようだ。仮想通貨の送金にかかる費用が数円であれば、確かに、1回の手数料として安く送金時間も短縮できる。

じゃあ、仮想通貨で海外へ送金する場合の手数料は?

たとえば、リップルもビットコインも利用できる場所なら、為替手数料はかからない。仮想通貨は、金額ではなくデータ転送量によって変化する。数字は明確に提示してほしいところだが、聞くところによるとほとんど50円以下だという。

データー転送量となるとハッキリした比較が少ないのだが、少し前のデータまとめがあった。
日本から海外へ100,000円送金で手数料6,500円~8,500円
ビットコインで同額分送金する場合は…

関連するまとめ

韓国政府も動いた!仮想通貨の制度3月目途|背景には自国仮想通貨発行

韓国政府が、仮想通貨を含むデジタル通貨の制度的基盤を17年3月までに整えると発表しました。先日、韓国最大の金…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3329 view

VISAやNASDAQもビットコイン技術の新興企業「Cain.com」に投資

NASDAQパートナーのChain.comが決済の巨人ビザやナスッダクらから3,000万ドルを調達したとのニ…

仮想通貨まとめ編集部 / 648 view

「サトシ・ナカモトです」ビットコイン発明者はクレイグ・ライト氏か? 479億円Bit…

以前よりリークされていたオーストラリアの実業家クレイグ・ライト氏がビットコイン発明者「サトシ・ナカモト」だと…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1493 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽