次はどこが続くのか? ビットコインを活用

一般の海外送金手数料を比較

実際に海外への送金手数料はどのぐらいかかるのだろうか。

送金手数料
為替マージン
受取先の手数料

比較しやすい日米間の送金で概算。(通貨は変動するのでザックリ)50万円をドルに替えて日本の銀行から米国に送金すると、送金手数料6,000円位。為替マージンと受取手数料がかかり、合計12,000円位引かれるのが一般的なようだ。仮想通貨の送金にかかる費用が数円であれば、確かに、1回の手数料として安く送金時間も短縮できる。

じゃあ、仮想通貨で海外へ送金する場合の手数料は?

たとえば、リップルもビットコインも利用できる場所なら、為替手数料はかからない。仮想通貨は、金額ではなくデータ転送量によって変化する。数字は明確に提示してほしいところだが、聞くところによるとほとんど50円以下だという。

データー転送量となるとハッキリした比較が少ないのだが、少し前のデータまとめがあった。
日本から海外へ100,000円送金で手数料6,500円~8,500円
ビットコインで同額分送金する場合は…

関連するまとめ

日本でも「脱・現金」の波が追いつく|「クレカ払い54.1%」>「現金払い52.9%」…

世界に類をみない現金大国の日本。しかし、昨年末の調査でカード払いの割合がついに現金払いの割合を超える結果とな…

鈴木まゆ子 / 3681 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html