ビットコインというと日本人はまだまだ眉をしかめる人が多いのではないでしょうか?それは、マウントゴックス交換所の破綻というニュースが衝撃的で、それでビットコインを知ったという人も多いからでしょう。

しかし自民党がビットコインをはじめとする仮想通貨についてのガイドラインを発表していたんですね。

・仮想通貨は「通貨でも物でもない新たな分類に属する物」と定義
・取引、支払いは「交換」とする
・送金は「送付」とする
・通貨と価値記録を交換する場所を「交換所」とする
・価値記録と物・サービスを交換可能な店舗を「受付店」とする
・現時点では出資法、銀行法、犯罪収益移転防止法の適用は「しない」
・通貨と価値記録、価値記録と物/サービスの交換は消費行為に該当→消費税を課税


まだまだマネーロンダリングやアングラ取引への利用への抑止目的でしょうが、自民党がビットコインを「価値記録」と表したことは非常に興味深いですね。

関連するまとめ

中国が動き出す!ビットコイン人気再燃!

中国人民元向けの取引が世界のビットコイン取引の7割を占めるんです!

仮想通貨マスター ケンちゃん / 13446 view

関連するキーワード

りみりみ

インターネットが大好きで、長年ネットビジネスの研究をしている三人の子供のママです。
好きな言葉は「レバレッジ!」
あなたの背中を押す良質の情報を提供出来ると幸いです。