突然ですが、もし、太陽光発電(ソーラーパネル)の電気の買取が中止されてしまったらどうしますか!?


ソーラーパネルを取り付けるほとんどの方は、利益が出せると考え導入しているでしょう。


5年後、10年後がどうなるのかわからないのが今の日本。

突然、利益が出せなくなってしまっては、困りますよね。


そんな対策の一つとして、頭の片隅に入れておいてほしい稼ぎ方を紹介します。

【電気を仮想通貨のマイニングに使ってみる。】という方法です。


参考として、ハワイのソーラーパネル事情から、電気の有効な使い方を学ばせていただきます。


今回は、違う視点から、仮想通貨を見ていきましょう。

マイニングとは採掘のことです。その説明はこちらを参照してください。

余った電気でマイニング

ハワイのソーラーパネルの事情

1点残念な事はソーラーパネルで作った電気が余った場合、日本のように買い取ってもらえない事です。
本来20パネルで良い所を30パネルあるのである意味無駄な電気を作っている事になっています。
余った電気を使って仮想通貨の発掘をする!


余った分の電気を無駄にするのは勿体無いのでこの電気を使って仮想通貨の発掘をしています。
余った電気でマイニング

余った電気でマイニング

ソーラーパネルで発電した電気の余った部分をマイニング(採掘)にあてているので、電気代はかからないようです。

※写真はイメージ

昨今の日本の買取価格

2015年度太陽光買取価格 住宅用33円(税込)産業用27円(税抜)

ソーラーパネルの元が取りにくい価格まで下がることも考えられます。

もし買い取ってもらえなくなったら…。

余った電気を仮想通貨のマイニングに当て、稼げばいい。


パソコンの導入が必要にはなりますが、
もし、余った電気とパソコンで、電気代がかからず、自動で仮想通貨を稼げたらやってみたいとおもいませんか。

まとめ。

今回は、もし、日本が太陽光発電の電気で買取が中止になってしまったら、ということを想定して説明しました。

人生何があるかわかりません。

ソーラーパネルを導入している方のいざというときの対策の一つとして、頭の片隅に入れておいてほしい話でした。


※今回の話は、もしもの話であり、日本が太陽光発電の電気の買取が中止になったわけではありませんので、ご注意ください。

関連するまとめ

『ビットコイン』が当たるかも!!ゲームで抽選クリスマスプレゼント

mixiをしている方なら必見かもしれないね。ゲームをして応募条件に該当するユーザーの中から抽選。ビットコイン…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1971 view

関連するキーワード

松本のぶよし

日本で、仮想通貨が貨幣と認められました。

しかし、国内では、ビットコインの利用や取引、お店での利用はほとんど見られませんが、
外国との取引に、今後仮想通貨が使われていくでしょう。


また、日本に来る外国人観光客が、手数料の安い仮想通貨の支払いを求めるようになるかもしれません。


今のうちに、学んでおきませんか?