EU司法裁、ビットコインは事実上の通貨と判断

欧州連合(EU)の最高裁判所に相当するEU司法裁判所は22日、ビットコインは税法上、商品(コモディティー)ではなく通貨のように扱われるべきとの判断を下した。ビットコインの正当性を一歩前進させる判断だ。
司法裁の判断は、ビットコイン取引所でユーロやスウェーデンクローナなどの従来通貨を手数料を取ってビットコインと両替する取引について、付加価値税の対象外にするというものだ。EU規則は「銀行券、硬貨などの法定通貨」の両替にそうした税を課すことを禁じているためだという。
税務コンプライアンスを手がけるアバララのリチャード・アスキス副社長は今回の判断について、「ビットコインが各国通貨の真の代替的地位を確保する上での第一歩」だと述べた。

このニュースの影響か、ビットコインの取引価格が上がりはじめています!

関連するまとめ

FinSum開催! 仮想通貨が変える|3メガバンクの変革を初心者向け

日本の3メガバンクの4~6月最終は、マイナス金利が響き利益3割減の報告。そして経費削減されるといわれる仮想通…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1964 view

中国の苛酷な政策“理財商品取引・海外投資制限”|20ドル上昇する?仮想通貨Bitco…

中国の新たな資本規制案の導入は、これから仮想通貨ビットコインの価格高騰や需要が強まるのではないかと入ってきま…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2155 view

2016年スタート! 日々進化しつづけるブロックチェーンから離れるな

いまや、ビットコインかブロックチェーンなのかと言うほど話題性の高い技術。分散型元帳とは? もう一度振り返る

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 953 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部

当サイトの編集部です。仮想通貨に関して面白い記事を見つけたらアップしていきます!