Uniswap(ユニスワップ)とは?

本記事では、暗号資産(仮想通貨)の分散型取引所であるUniswap(ユニスワップ)の仕組みなどを詳しく解説していきます。

Uniswap(ユニスワップ)の特徴や利用方法

ユニスワップの主な特徴や利用するメリットをまとめました。ちなみに、そのユニスワップのトークンであるUNIについてはこちらでまとめています。

Uniswap(ユニスワップ)とは?

ユニスワップは、イーサリアムブロックチェーン上で価値交換を行う分散型取引所(DEX : Decentralized Exchange)です。2018年から運営が開始されました。分散型取引所とは、中央管理者を必要としない、24時間取引を行える取引所のことです。開始手続きも簡単で、取り扱い通貨も1,500種類以上と豊富で、利用するメリットの多い取引所です。なんといっても、運営自体が非営利目的としており、ほぼ手数料が発生することはありません。

ユニスワップのデイリー取引ボリュームは一時、1,000億円を突破しています。これは中央集権型の暗号資産取引所で最大の「Coinbase(コインベース)」の取引高を超える数字であり、大きな注目を浴びています。

Uniswap(ユニスワップ)の特徴

ユニスワップは、1,500種類銘柄以上と非常に豊富な種類の仮想通貨を取り扱っています。また、利用開始する際も本人確認を行う必要がないため、手軽に口座開設し、実際の取引をスピーディーに開始することができます。ユニスワップの運営は非営利目的となっているため、手数料が発生することはほとんどありません。

ハッキングのリスクが低い

ユニスワップの場合、自分自身で管理するウォレットと直接やり取りが行われます。このため、暗号資産取引所への一般的なハッキング攻撃によって資産を失うリスクはありません。さらに、ユニスワップはその開発者であってもプログラムを独自に変更したり、ユニスワップ上の資産にアクセスすることができないため、内部不正によって資産を盗まれるリスクもありません。

この、イーサリアムブロックチェーンによって実現されているセキュリティにより、ユーザーは、人が運営する金融機関や組織ではなく、プログラムコードだけを信用して取引することができます。

他の仮想通貨取引所との違い

ユニスワップと従来の仮想通貨取引所との大きな違いとは、ユニスワップの場合、第三者が介入した上でトークンの取引を行うわけではなく、固定レートで即時トークン交換を行うことができる点です。取引は自動化されており、取引所内でユーザー自身がトークンの取引を行う仕組みになっています。ユニスワップは、トークンを交換・管理するためにコントラクトアドレスを流動性プールとして利用し、在庫を提供することで、不特定多数がプールしたトークンを交換することが可能となっています。

ユニスワップのような分散型取引所を「DEX(Decentralized Exchange)」とも呼びます。ユニスワップのシステムは他のDEXのシステムと比較しても、特に分散的であり、その高い流動性から人気があります。

Uniswap(ユニスワップ)からの出金方法

ユニスワップにはウォレットが存在しないため、ユニスワップ上には通貨を保管しません。別途ウォレットとリンク(接続)させて出金します。

出金手順は以下の通りです。

  1. ユニスワップにアクセス
  2. 「Connect to a wallet」を選択する
  3. ウォレットを選択する。
  4. ユニスワップに接続するアカウントを選んで「次へ」ボタンをクリック
  5. 間違いないことを確認して「Correct」ボタンをクリック

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *