THETA(シータ)とは?

2018年に公開された仮想通貨であるTHETA(シータ)は、ブロックチェーンを活用した「非中央集権的な動画サイトの構築」を目標とする仮想通貨プロジェクトです。

The Graph(グラフ)とは?

仮想通貨のThe Graph(グラフ)とは、イーサリアムやIPFS(分散型ストレージ)といったネットワークにて、クエリ(要求)を実行するためのインデックスプロトコルです。 なんだか複雑に聞こえますが、ざっくり説明すると、非中央集権の分散型ストレージやイーサリアムといったプラットフォームから情報を引き出す仕組みを提供するものです。 The Graph(グラフ)の仕組み 例えば、インターネットで何かを調べる時にはGoogleを使って検索をしますよね。そして、検索エンジンであるGoogleがインターネット上から情報を抽出し、提供(表示)してくれます。 グラフでは、仮想通貨の技術を使い、サブグラフ(誰でも自由に作れるオープンAPI)を構築し、データへ誰もがアクセスできる環境を作ります。実際、グラフは 、そのブロックチェーンに対して情報を要求(クエリ)する仕組みから、「ブロックチェーン業界のGoogle」と形容されることも多くあります。 グラフは、従来ならばGoogleなどの検索エンジンが実権を握っていた中央集権の仕組みに対し、よりユーザー主体のサービス提供を行なっているのです。 The Graph(グラフ)が発行するGRTトークン グラフはGRTトークン(グラフトークン)を発行しています。グラフに投資することを決めた場合に実際に取引所で購入するのもGRTトークンになります。GRTトークンは、イーサリアム上で作られるERC-20トークンであり、グラフのプラットフォームのセキュリティや整合性を高める為に使用されるものです。GRTトークンはセキュリティや整合性を高める一連の作業から、インデックス報酬として新規発行されます。インデックスとは、インターネット上で該当する情報がどんなデータであり、どこにあるのかを示すものです。 仮想通貨The Graph(グラフ)の将来性 仮想通貨グラフ=GRTトークンの2021年現在の価格は約200円程度です。 仮想通貨市場は2020年末から2021年現在までにかけて右肩上がり状態です。GRTトークンは比較的、初心者でも買いやすい銘柄といえます。将来性としては、「次期Google」といった見方をする投資家も一定数おり、期待されているといえます。 これまでの経緯に焦点を当ててみましょう。GRTトークンの取引は、2020年12月に世界最大手取引所Binance(バイナンス)が上場したことによって急速に広まりました。このことは、分散型取引所や他の海外取引所より、Binance(バイナンス)による対USDT(テザー)による取引が市場の大半を占めていることからも明らかです。 USDTとは米ドルと等価値のステーブルコインです、そのため、純粋なGRTトークンの価格を見る上でも重要です。2021年は引き続き上昇傾向が予想されています。 (※価値予想についてはあくまで参考程度にお読みください。) グラフ発行の仮想通貨GRTトークンの買い方 では、GRTトークンに投資したい!と決めたら、どのように購入できるのでしょうか?The Graph(グラフ)が発行しているGRTトークンは、2021年現在、国内の暗号資産取引所では上場しておらず、取引不可能です。GRTトークンを購入するには、いささか面倒ですが以下の手順を踏む必要があります。 国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送る ビットコインを送った海外取引所経由でGRT/BTCを購入 GRTトークン他の仮想通貨への投資はリスクを伴います。必ず納得いくまで調べたうえで、慎重に進めましょう。